ヘアケア剤を流して薄毛予防!

薄毛,原因,ヘアケア剤

薄毛の原因としてホルモンの分泌の変化ということは有名ですが、女性の薄毛の原因の多くは頭皮の劣化及び老化だといわれています。

 

これは、女性のヘアケア剤の利用方法の不備が最も大きな原因といわれていて、ヘアケア剤を流すという作業をキチンと行っておらず、常に頭皮にヘアケア剤が微量に付着しているということが考えられます。

 

こういった場合には洗髪は習慣性が高いために、キチンと流れていない部分はいつもヘアケア剤があるという状態が続くため、他の部分に比べて頭皮の劣化が急激に進むことが特徴で、薄毛におちいる前に部分的な髪質の変化としてあらわれてきます。

 

おもに前面部分での流しわすれが多いといわれていて、頭頂部から生え際に向けての髪質の変化が薄毛の原因の前症状として現れるとされています。

 

上記の事からもわかるとおり部分的な髪質の変化といったことを自覚し始めたときはまずはヘアケア剤の洗い流しということを入念に行ってみてください。

 

ヘアケア剤の多くはそれ自体がケアするためのものですが過剰に皮膚に接しているという状態が長期間続くと頭皮の劣化につながりますので気をつけてください。

>>薄毛対策【男性・女性の違いは?】

>>抜け毛の原因とシャンプー【女性の薄毛対策】