女性の薄毛を予防するヘアケア方法

薄毛や脱毛は、皮脂腺から分泌された皮脂が古い角質やフケを固めることによって毛穴を塞ぎ、出口を失って正常に分泌することができなくなった皮脂が細胞の新陳代謝を遅らせることから始まります。
皮脂の分泌が鈍ると毛穴内は休止状態となって育毛の成長活動が低下してしまい、生え変わるべき髪の準備ができる前に髪が抜けるという状態になります。

 

このため、育毛のための頭皮のケアは、まず毛穴をきれいにして、細胞の新陳代謝を活発にすることが大切です。洗髪前にオイルを塗ってマッサージすると、毛穴に詰まった皮脂にオイルが染み込んで皮脂が柔らかくなり、洗髪やマッサージをすることによって頭皮の老廃物を取り出しやすくなります。

 

さらに、洗髪時の髪をすすぐ際に、温水と冷水を交互ですすぎを行ったり、頭皮マッサージを行ったりすることも、血液の循環がよくなることにつながるので効果的です。また、頭皮マッサージにはリラクゼーション効果もありますし、定期的に頭皮マッサージを行うと新しい血液を循環させる働きを促進するため、特に初期の薄毛の時期には絶大な効果を発揮します。

女性の薄毛を予防する生活

薄毛に悩んでいる女性の方は、一度自分の生活習慣を見直してみましょう。
日常生活におけるストレスは、溜め過ぎてしまうと血行不良を起こし、薄毛の原因になります。まずは身体の疲れをしっかり取って、ストレスを溜めこまないようにする事が大切です。

 

22時〜翌朝2時頃の、いわゆるシンデレラタイムといわれる時間が、髪の毛の成長には一番良いと言われています。しかし、この4時間に限らず、最低8時間は眠り規則正しい生活リズムを作るようにしましょう。

 

また、アルコールも薄毛の原因になります。アルコールを飲むことによって中性脂肪が溜まりやすくなり、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。さらに、タバコを吸うことも薄毛の原因の1つです。喫煙によって身体の中の動脈が収縮して血液が充分に行き渡らなくなると、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛になるというような状態になってしまいます。

 

薄毛予防に必要な栄養素は、たんぱく質、亜鉛、銅、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンCなどです。牛レバー、牛もも肉、ささみ、玉子、魚類、海藻類、大豆、野菜、果物などの食品をバランスよく摂取することが、薄毛予防につながります。